思えば遠くへ来たもんだ

思い立ったが吉日 インドで働くことになった日本語教師。
「日本語が教えられれば大丈夫」と言われて来た町は、英語も通じない。
果たして3年の契約を無事に全うできるのか???

ここにきて、まさかの病気

昨日散歩から帰ってから、なんか体が、だるい。

久しぶりに運動したからかなぁなんて思っていたけど、どうも様子がおかしい。

寒気もするし、こりゃいかん。

体温を測ったら38.5°

あー、やってしまった。


扁桃腺が弱い私は、年に数回高熱をだすのです。

耳鼻科の先生からは扁桃腺の手術も勧められましたが、食べられない、飲めない、話せない…なんて耐えられない。

それなら高熱で数日寝込んだ方がマシ。とだましだまし今日まできました。


実は渡印の2週間まえにも高熱で、授業に穴を開けてしまってた。


インドに来てから、ちょっとだるくて37°くらいは何回かあったけど、38.5°はパンチが効いてますな。


とりあえず日本から持ってきた薬を飲んで早めに就寝。

でも夜中にどんどん熱が上がってきて、もう暑いんだか、さむいんだか、わからない状態。

異国の地で、しかも一人暮らしで病気ってなんて心細いんでしょう。これで入院なんてことになったら、どうしよう。ってか金曜日日本に帰るんだから、熱なんて出してる場合じゃない。


夜中にのたうち回り。

うつらうつらと迎えた朝。

気分は最悪。

体温は37.8°

こりゃ、ダメだ。


上司にメールを打ち、学生達への今日の課題を伝えた。→前回体調不良で休んだら、会社から何回も電話がかかってきて、『何をやらさればいいですか』って。

おちおち寝ていられなかったこともあり、今回は万全の体制でメール。


上司からは『医者行くなら、事務の子行かせるから』と。

でもね、熱があるときって、動くのがシンドイのですよ。病院で待つのも辛いし…

『薬も飲んだので、ゆっくり休みます』


しばらく寝て、少し気分がよくなったところに、玄関のチャイムが。

覗いてみたら、事務の子Pちゃんがいた。

『やっぱ病院行けってか』


Pちゃんが『センセイHospital』というので、着替えて病院へ。

向かった先は何と会社の隣のビル。

こんなところに医者があったんだ。

小汚いビルだけど、クリニックは流石に清潔できれい。

待合室にテレビやウォータージャグも合って、日本の病院と変わらない。


しばらく待って呼ばれ、ドクターは英語なんだけど、ヒングリッシュなのでイマイチわからん。で、Pちゃんが英語にしてくれて、答えるという方式ながら、何とか症状は伝わった。

『口開けて』

『あー』

『こりゃひどい→そんなニュアンス。

アンタも見てごらん』

Pちゃんまで、私の喉を見せられ、納得してた。


そして医者が処方せんにイラストを描いて説明してくれた。のどちんこのようですね。


抗生物質を処方され、診察券をもらって終了。薬代込みで450ルピー(約900円)

インドの健康保険のシステムはわからないけど、よく海外で病院行くとべらぼうに高いと言うけど、良心的な価格でよかった。


病院を出ると、下のジューススタンドに昼休みの教え子くん達が、

『センセイ、だいじょうぶ?』

『おだいじに』


よしよし、ちゃんと気遣いの言葉をマスターしているな。

この子達のためにも早く治さねば✊